実行委員紹介

WEB開催が決まって、現地で皆さんにお会いできないのは残念ですが、学会終了までがんばります!

実行委員長
高松 円(Madoka Takamatsu)

人生を通して色々な局面で寄り添えるヨーガ療法として、メイン、分科会と準備を進めております。各地でブロック大会も多く開かれておりますが、また違った充実感をお持ち帰り頂けますよう北海道のメンバー一同ココロよりお待ちしております。

ヨーガ療法活動は、主に精神科デイケア、他、高齢者デイケア、若者支援、難病センターでのハマナスの会、グループレッスン。

札幌近郊ドライブでは、長沼周辺もおすすめです。足を伸ばして、十勝岳へ続く「白樺街道」も悠々な北海道らしい自然を感じる事ができます。学会と合わせてこの機会にぜひご計画を!

写真は札幌市民に人気の手稲山です。今日(2019年10月1日)登頂してきました。標高1023m、登山ルートもいくつかあり、山頂からの眺めは絶景です!

札幌事務局長、広報・渉外リーダー
佐高 葵月代(Akiyo Sataka)

学会全体の縁の下の力持ちとして札幌事務局長兼、広報・渉外を担当しています。札幌学会ブログとfacebookページの管理者でもあります。美味しく楽しい情報を発信していきます。

普段の仕事はおもに精神科のデイケアでのヨーガ療法とマインドフルネス指導(歴10年)、個人セッションです。他にも、アドラー心理学研究会の代表として、道内でアドラー心理学の講演や講座をしています。生まれは青森県青森市。

おすすめスポットは、北海道大学の敷地内にある札幌農学校第2農場(モデルバーン)です。重要文化財となった開拓時代の建築を堪能できます。写真の野菜はズッキーニ。今年、道内の道の駅で見つけました。何と80円!I Love  北海道野菜!

進捗・スケジュール管理、受付けリーダー
工藤 暢子(Nobuko Kudo)

仕事は、グループレッスンや個人セッション、特養老人ホームでのヨーガ療法。他に、アーユルヴェーダ教室。フラワーエッセンスのセッションもしています。

9年前、北海道の療法士会が発足したばかりの頃に札幌の学会があり、少ないメンバーでなんとか、各地からいらっしゃった方々をお迎えしたのがついこの間のようです。当時の学会でも受付けリーダーを担当しました。今度は、新しい仲間も加わって心強いです。行って良かった北海道!と思っていただける学会にしたいと思います。

バラ大好き。6月は、バラの季節、ぜひ北海道のバラを楽しんでいって下さいね!

分科会リーダー
大友 秀治(Syuji Otomo)

分科会担当です。周産期や子ども、地域などをテーマに多様な視点と意見が交流できる分科会を企画しています。

札幌にある北星学園大学の社会福祉学部で教員をしています。子どもの関係性と居場所をつくるスクールソーシャルワークを研究テーマにしています。

好きな事はバドミントン、野球、『男はつらいよ』、レトロテレビゲームです。

札幌のお勧めは、いももち、回転寿司、羊ヶ丘展望台藻岩山展望台です。たくさんの方々のご参加をお待ちしております!

会計リーダー
大西 里香(Rika Onishi)

2014年の多治見大会で発表しヨーガ療法士になりました。今年の広島大会ではチームで行っている高齢者デイサービスの活動報告をさせていただきました。現在も継続しています。ヨーガ療法士の顔だけでなく、踏み師として足圧の施術も行っております。私の足で、お客様の足の先から頭までほぐします。

また、木村秋則さんの自然栽培農学校に2年通いつつ、「畑はやらない」と宣言していたものの、今年ミニトマトとほおずき、枝豆を植えてしまいました。2苗ずつですが😁今、ほおずきが鈴なりで、食べるのが楽しみです。

写真は先日行った山形県の山寺です。汗かき汗かき1015段、登りました。

ポスター会場リーダー
高野 昌子(Akiko Takano)

前回の広島では、学会を支えて下さったたくさんの方たちのお陰で、ポスター発表することができました。札幌でも発表者の方々が無事に当日を終えられるよう、気持ちを込めて準備を進めてゆきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

普段は地域の会館や文化教室でヨーガ療法クラスを行っております。
今年は週末、時間ができると山に登っていました。

札幌市内や近郊には気軽に登れる低山も多く、都会と自然の両方を味わえておもしろいですよ。

メイン会場リーダー
大瀧 真美(Manami Otaki)

メイン会場を担当しています。皆様が快適に参加いただけますよう、会場環境を整えてまいります。

お気に入りスポットは札幌市内では「大倉山ジャンプ競技場」、近隣では千歳空港から30~40分ほどにある「支笏湖」です。フッと訪れてチャージしています。

看護師としてメンタルクリニックに勤務していて、ヨーガは老人福祉センター、精神科デイケア、多職種協働で北海道難病センター、看護職員の研修などで活動しています。

会場外、案内リーダー
斎藤 香(Kaori Saito)

参加されるみなさまが気持ち良く、過ごしていただけるよう目配り、気配り、心配りを心がけたいと思います。

ヨーガ療法は高齢者施設と精神科デイケア、サークルで行っています。
私の気に入りの場所を紹介します。札幌駅北口から徒歩7分に北海道大学があります。ここのキャンパスは、いちょう並木、ハスの池など、自然が多くとても気持ちがいいです。特に早朝がお勧めです!鳥の鳴き声に癒されますよ。運がよければ野生のエゾリスに会えるかも。

お弁当担当リーダー
冨江 明子(Akiko Tomie)

学会での楽しみの一つでもある、お弁当を担当しています。旬のものを取り入れた、少しでも北海道らしい「食」を、皆さまに届けられるよう、広島大会のお弁当も参考にさせて頂きながら、検討中です。

札幌においては、地域の福祉センターの高齢者(私自身もその範疇ですが)、また多機能型作業所(メンタルクリニック併設)の若者たちと、ヨガを通した交流をすることで、私自身が元気をいただいています。

温泉が大好きで、秘湯を求めて旅をしています。北海道足寄(あしょろ)町の芽登(めとう)温泉がお勧めです。鄙びた温泉ホテルですが、夜、川沿いの露天風呂入っていたら、川の水を飲みに来た鹿の親子と遭遇!まさに秘湯ならではの温泉体験でした。ちなみに、食事も最高でした!

名刺交換会リーダー
菅原 あゆみ(Ayumi Sugawara)

岩見沢市に yoga therapy studio -kutirーを開業し9年。地域の方々に健康維持・増進のお手伝いをさせて頂いており、松藤医院(内科・循環器)ではヨーガ療法を行っております。

岩見沢は札幌から車で1時間ほど北上します。自然豊かな所で、「天狗まんじゅう」が有名です。更に30分ほど北上しますと美唄があり芸術文化交流施設「アルテピアッツァ美唄」美唄出身彫刻家安田侃さんの美術館があります。札幌駅、東京国際フォーラムにも安田侃さんの作品がありますので皆さん拝見されたことがあるかもしれませんね。とても素敵な施設でおススメです!

物販リーダー
中村 要子(Yoko Nakamura)

札幌市からJRで3時間ほどの十勝帯広市でヨーガ、アーユルヴェーダ、中医学等の智慧を地域の皆様へお伝えすべく活動しています。ここは、朝ドラでちょっと話題になった地域です。

十勝の醍醐味はスッキリ晴れ渡る青い空と緑の大地。そしておいしいスイーツと北海道のガンジス(?)十勝川を眺めながら入る温泉です(^O^)

オススメは六花亭のマルセイバターサンドアイス!  六花亭の店舗でなければ食せませんが、是非味わって頂きたいです。

十勝の温泉は世界でも珍しい植物性のモール温泉水で美肌の湯とも言われています。十勝川温泉も良いですし、日帰り入浴なら札内ガーデン温泉もお勧めです。

写真はちょっと前の物ですが、2016年に参加したガナガンガ修行会の際、ご近所の子供達と一緒に撮ってもらいました。(ご一緒させて頂いた皆さん、お元気でしょうか?)

接待リーダー
吉武 ゆり (Yuri Yoshitake)

本学会では、来賓の接待を担当します。

札幌↔︎旭川 週1往復 260キロの通勤ドライブで鍛えた 吹雪にも折れないほほえみで、皆様をサポートします♪

仕事では、特養老人ホームでの集団機能訓練や、一般のグループレッスン、個人セッション、障害者自立支援センターのデイケアでのヨガなど、小学生から100歳までの老若男女とヨガをしています。

皆さまのお越しを、心からお待ちしています!

救護・親子ルームリーダー
土屋 ゆか (Yuka Tsuchiya)

親子ルームでは、親子共に少しでも快適な時間を過ごすことが出来ますよう頑張りたいと思っています。普段は精神科認知症治療病棟で看護師をしています。

この写真は私のイチオシのソフトクリーム屋さんBARNESです。本当に美味しいので、札幌にお越しの際は是非食べてください!
初夏の北海道はドライブもお勧めです。札幌から小樽に行く途中、銭函に美味しいネパールカレー屋さんSTAR、そのすぐ近くにジェラート屋さんパスコロがあります。味はモチロン、リーズナブルでお腹いっぱいになります。北海道の景色を見ながら、体もお腹も大満足すること間違いなしです。

市民公開講座リーダー
種田 史洋 (Fumihiro Taneda)

学会では市民公開講座を担当いたします。
ヨーガ療法のことをまだ知らない一般の方々が、楽しく学べる講座を運営したいと思っています。

普段は鍼灸師として、札幌市の隣の江別市で、高齢者や障害のある方々を訪問して、施術する仕事をしています。
ヨーガと東洋医学が好きで、アサナとセルフお灸が癒しタイムです。

札幌のオススメスポットはモエレ沼公園です。彫刻家イサム・ノグチが設計した、アートと自然の融合した、北海道らしい雄大な公園です。標高52mのモエレ山に登って、頂上から見える札幌の風景をぜひ見てみて下さい!

朝ヨガリーダー
砂川 圭子(Keiko Sunagawa)

朝ヨガを担当します。みなさんの疲れが飛ぶような会場になるようにと準備を進めていきたいと思っています。よろしくお願いします。

札幌より約100km南下した海沿いに位置する伊達市に、ヨーガセラピー専門サロンを開業し、プライベートレッスンやサークル、高齢者施設などで活動しています。

伊達市は「北の湘南」と銘打つほど、雪も少なく温暖な気候なので豊富な種類の作物が育ちます。豊かな自然の中で放牧された牛の乳製品も新鮮。近郊には、洞爺湖や昭和新山、蝦夷富士といわれる羊蹄山がそびえ立ちます。温泉施設も数多くあるので、豊かな自然の中で疲れを癒すには絶好のスポットです。札幌から直行バスもありますのでどうぞ足を運んでみて下さい。

クロークリーダー
林 眞理子(Mariko Hayashi)

クロークを担当します。前回の札幌大会はホテルでの開催で、プロが担当しましたが、今回はボランティアの方々も含めたチームを組み、しっかりした体制を整えてお迎えしたいと考えています。

仕事は公共機関で就職の支援を長くしています。窓口に来られる方には療養中の方や障害を持つ方も多く来られ、労働市場の現実に戸惑う方に寄り添う仕事をしていきたいと考えています。

おすすめスポットは北海道開拓の村です。100年前の北海道の街並みを堪能してください。

親子ルーム・救護担当
河野 美和(Miwa Kouno)

広島大会で発表を終えヨーガ療法士になりました。今回の札幌大会では親子ルーム・救護を担当させていただきます。
お子さんのいらっしゃる方でも安心して参加できる大会を目指し、日々準備を進めております。

普段は札幌市内、札幌市近郊にて主にヨーガサークルの講師として活動しています。また2人の姉妹の母として奮闘の毎日です。

札幌近郊のおすすめドライブスポットは洞爺湖ニセコ方面です。綺麗な湖や羊蹄山はもちろん、いくつもの名湯があり、おしゃれなカフェ、パン屋さん、チーズにソフトクリームと美味しい物がいっぱい。札幌からは車で1時間半から2時間ほどですが、札幌に住んでいても行きたくなる自然豊かで素敵な場所です。